結婚式の披露宴といえば、新郎新婦が食事を振る舞いながら、仲人や主賓、友人の挨拶やスピーチ、同僚や友人達からの出し物が定番として行われ、両家の親族や同僚、友人達の顔合わせ、交流の場となります。宴にふさわしく、新郎新婦も回数は様々ですがお色直しをするケースが多く、その分退席をしなければなりません。そこで問題が生じるのは、退席をしている間の宴の進行です。「ゆっくり御款談ください。」といっても仲間うちならともかく、面識のない友人や会社関係どうしが同じテーブルになる場合もあり間が持ちません。出し物が行われる場合もありますが、そうなると新郎新婦が出し物を見ることができません。そこで重宝するのがプロフィールビデオです。新郎新婦の生い立ちから出会い、現在までを写真や動画、音楽とで物語風に演出して流していきます。披露宴に出席している方々との当時の写真を織り交ぜることで、出席している方も新郎新婦との当時のおもい出が蘇り懐かしさに浸り、色々な感情が沸き起こりビデオに引き込まれていきます。そして、出席者に対してメッセージを伝えることもできるので、その後お色直しから戻った新郎新婦の登場に感慨深く感じる演出にもなります。また、今行われていた披露宴中の様子もビデオに入れ、最後に上映することによって、披露宴も新郎新婦のメモリーの一つとしてこれからの人生のスタートであるとの演出もでき、会場から驚きの歓声も必須です。ぜひ、プロフィールビデオを使って披露宴を演出することをお勧めします。

プロフィールビデオの作成

最近の結婚式では、オープニングムービーにはじまり、プロフィールビデオ、エンディングビデオ、場合によっては友人からの余興でもビデオを使用したりと映像による演出がとても増えています。それだけムービー撮影が身近になり、そうしたコンテンツに溢れているということです。なかでも、新郎新婦の生い立ちから出会いまでを描いたプロフィールビデオは感動を誘うこと必至です。特に幼い頃から知っている親や親戚には、感慨深いものがあるでしょう。しかし、映像による演出が昨今増えているからこそ、列席者の目が肥えているのもまた、事実です。素人による手作り感ももちろんアットホームでいのいですが、プロの手をかりるのもまた一つの方法です。せっかくの演出なのだから、ありきたりで退屈だと思われないように、工夫する方法はたくさんあります。

結婚披露宴でのプロフィールビデオの魅力

結婚式といえば、人生で最も輝かしいイベントのひとつではないでしょうか。最近の結婚式では披露宴の内容も多様化しており、様々な演出を取り入れるカップルが増えているようです。そんな中定番となりつつある演出がムービーの演出です。披露宴の開会に合わせて流すオープニングムービーやドラマのように披露宴の結びにゲストの名前などを記載し流すエンドロールもさることながら、特に人気なのがプロフィールビデオです。以前は司会者から簡単に話してもらうのが一般的だった新郎新婦のプロフィールや馴れ初めを、写真などを組み合わせて映像で流すという演出です。新郎新婦のお色直し時にゲストを退屈させないため流すなど、色々な使い方が出来ることも人気の理由の一つです。また結婚前の相手側を知らないお相手のゲストの方々にも写真などで知ってもらえるという点も魅力です。


アーカイブ

2017年3月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし