結婚式には、親族だけでなく、会社の上司や、同僚、友人などたくさんの人を招待します。結婚式当日は、ゲストの人に楽しんでもらえるように、何度も打ち合わせをします。そして、披露宴の途中には、新郎新婦の生い立ちを知ってもらうために、プロフィールビデオを用意する人も多いです。最近は、ほとんどの結婚式場でムービーを流すことができる機材があります。プロフィールビデオは、式場で作成してもらうこともできますが、料金が高いため自作する人もいます。自作をすると、ほとんど料金がかからず作成することができます。プロフィールビデオを作るときには、小さい頃から現在までの写真を用意します。古い写真は、スキャナーを使ってパソコンに取り込みます。無料のソフトをでもおしゃれな編集をすることができるため、お金をかけずにクオリティの高いムービーを作れます。

結婚式のプロフィールビデオ

最近の結婚式では、新郎新婦の生い立ちを表現する際にプロフィールビデオを流すことが多くなっていますよね。以前は、司会の方が新郎新婦の経歴を書面でまとめた物を読み上げるという形が多かったのですが、最近ではよりわかりやすく映像でまとめるケースが多いようです。プロフィールビデオには、さまざまな演出がありますが、わたしが実際に出席した結婚式で想い出に残っているものは、新郎新婦の幼いころからの写真が次々とエピソードと共に映し出されるビデオです。新郎新婦の歴史がすごくわかりやすく視覚から伝わってきて、心に残りました。新郎新婦の小さいころを知らない方にも人柄が伝わりやすいので、プロフィールビデオの作成はすごくオススメの演出だとおもいます。今後結婚式をする予定のある方は、ぜひ取り入れてみてください。きっと出席者の方にも喜ばれるでしょう。

プロフィールビデオを作る時に覚えておく事

結婚式の際に利用するプロフィールビデオは、そのまま式場に依頼する方法とご自身達で制作する方法の二つから選択する事ができます。式場に依頼する場合、作業の手間もなくしっかりと作り込んでくれる為、何も心配する必要はありません。しかし、使用できる写真に限りがあったり、使える音楽に制限があったりします。理想とする映像を作りたい方はご自身達で作ってみてはいかがでしょうか。パソコンと動画編集ソフトがあればすぐに制作する事が出来ます。注意点として、写真の枚数には限りはありませんが、音楽に関しては著作権の問題からダウンロードされた音楽は使用できない場合があります。作り込む前に必ず確認を取っておきましょう。プロフィールビデオを作る時はエフェクトの使い過ぎにも注意しましょう。また、式場で再生されるかの確認を早めにしておく事も大切です。