定期的な収入になるアパート経営の魅力

アパート経営の魅力は、定期的な収入を長期間にわたって得られるところにあります。そのため老後の生活資金を確保するために行う人も多くいます。また、最近では30代や40代といった現役世代でも副業として経営を行う人も増えてきています。将来もらえる年金が減っていくことが予想される中、アパート経営は私的年金としての役割が期待されています。また、元々土地や建物を持っていない場合でも、ローンを借りるなどして必要な資金を調達することができます。そして、得られた賃貸収入の中からローンの返済をしていくことになります。ローンを全て返済し終えることができれば土地と建物が手元に残るので、資産形成の方法として効果的です。子供や孫に土地や建物を資産として残すこともできます。

長期間安定した利回りが期待できる

アパート経営は株や投資信託といった投資に比べると、景気の影響を受けにくいと言われています。物価が上昇すると貨幣価値は下がりますが、不動産の場合にはインフレに合わせて価格が変動します。ですからインフレ対策としても有効で、長期間安定した利回りを期待することができます。そのため安定的に収入を得るには最適です。それから、生命保険の代わりにもなります。住宅ローンを組む場合でも保険に加入しておけば、万が一亡くなってしまった場合などには保険で住宅ローンが支払われる仕組みになっています。ですから、残された家族にローンが残るようなことはありません。残された家族がそのまま賃貸経営を続ける場合には、家賃収入を得ることができます。また、売却して資金にすることもできます。

節税対策としても効果が期待できる

遊休地の活用方法にはアパートなどの賃貸経営の他に、駐車場経営もあります。アパート経営のメリットは、税金の節税対策としても役に立つというところにあります。アパートなどの賃貸住宅が建っている場合、遊休地や駐車場などの非住宅用地と比べて固定資産税が6分の1にまで軽減される仕組みになっています。都市計画税も1戸当たり200㎡まで3分の1に軽減されます。それからアパートやマンションが建っていると相続税も大幅に軽減されるので、節税対策として効果的です。また、駐車場の方がアパートに比べて賃料が大きくないので、収益があげづらいということもあります。遊休地をそのまま売却するという方法もありますが、売却した場合には多額の所得税が発生するといったデメリットがあります。