*

結婚式の時に使うプロフィールビデオ。今までの人生を振り返り相手側の親族、友人に知って貰います。こったプロフィールビデオだと、映画のワンシーンの様なオープニングから始まった物もあります。結婚式は、節目のため友人として出席しても、親族として出席しても感動をします。小さい頃、学生の頃、社会人になって、それぞれが懐かしく、その時々の写真が多くあると作りやすいです。自分で作成するのもいいですが、専用ソフトなどがないと出来ないので以外と大変です。式の準備も合わせると、かなりの労力になるので業者に任せるか、友人に頼むかして負担を軽減させると楽しく進めることが出来ます。人生に一度しかない門出を祝うために凝った物もよし、シンプルに作るもよし、自分がイメージする物が作れた時の満足感は何者にも変えれないので、悔いが残らないように作ってみましょう。

結婚式のプロフィールビデオを制作

近年、結婚式の際様々な映像を流すカップルが増えてきています。せっかくなので招待客の方々に、自分達の事をもっと知ってもらう為にプロフィールビデオを作ってみましょう。プロフィールビデオを流す事で、自分達のこれまでの生い立ちを、来て頂いている方々に知ってもらう事が出来ます。やはり結婚式となると、相手の親族や相手の招待客の方々はあまり自分の事を知らない為、その様な方々に是非自分のプロフィールを見てもらいましょう。映像という形で、みんなに見てもらう事で、分かりやすく自分達の事を知ってもらう事が出来ます。また、小さな頃からの映像を流す事で、自分やまた自分達の親族も楽しむ事が出来るのではないでしょうか。是非そんな素敵なビデオを制作して、自分達の結婚式で使用しましょう。結婚式がより良い場になるのではないでしょうか。

披露宴の定番、プロフィールビデオ

もうここ数年では、披露宴の定番と化してしまっているプロフィールビデオですが、新郎新婦が会場に入場するまでの、いわゆる御歓談のつなぎとしても流される事が多く、自分達はばたばたして見れない場合もありますが、披露宴は、とことん自分達を来賓のお客様に披露する為の日だと、割り切って、どんと構えてご披露しましょう。変に恥ずかしがらず、肝を据えれば緊張もどこかへ飛んで行ってしまいます。一生に一度、あるかないかの門出の日です。普段のありのままの姿をお互い取りあって、お互いがナレーションをするのも違った手法で楽しいかもしれません。とは言え、オシャレな結婚式を目指しているカップルにとっては、プロフィールビデオも完成度を高めたオシャレな仕上がりにしたいですね。役者を気取って徹底的にキザに演じてみるのも、良いかもしれません。センスある会社にビデオ制作を頼むとオシャレに仕上がるかも知れません。


アーカイブ

2016年12月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし